<< 中國通信 vol.28 | main | 中國通信 vol.29 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

つまり「焼肉、載っけました」丼でした。

皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
オーラちからって語感の響きがタマンナイ中國卓郎です。

先日、初めて東京チカラめしへ行った時の事。
食事時を外していた為に店内は割りと空いていた。奥の方のカウンターに腰掛け焼き牛丼が運ばれて来るのを待っていると、一人のお客(20代前半くらいの男性)が来店しワタクシのすぐ右隣に座った。

普通、カウンターの店に入って店内が空いている場合は、椅子1つ置きに座りたくなるのが人間心理だと思う。

一瞬「ん?なんだなんだ?」と思ったものの、しかし特に気にする事でもないのでそのまま黙々と箸を口に運んだ。その後すぐに店内の客はワタクシと隣の彼だけになった。そして半分ほど食べた終えた辺りでまた一人、男性(30代後半~40代)が来店、そして

ワタクシの左隣に座った

いや流石にちょびっと焼き牛丼を噴いたw
店内、三人だけですぜ?どの椅子も選び放題だってのに

絵ズラがオカシイってば!

イヤきっと、たまたま二人とも人恋しかったのだろう(変な意味でなくw)
嗚呼そんな時もあるさ、この東京砂漠。

で、焼き牛丼ですが

味&脂が濃くてギンギンでギラギラのギンギラギンでした。
僕ぁ、牛丼は焼きよりも煮込みの方が好きかもしんないです。


さて、最近貼り付けるのをスッカリ忘れていましたが、今もダ・ヴィンチの電子書籍レヴューを書かせて貰っとりますんで、お時間ありましたら宜しくお願い致しまっす。

こう言う機会がなかったら絶対に読まなかったんだろうなぁ。
「声優一年生」http://ddnavi.com/review/57225/

いや〜やっぱ有川浩さんの作品は面白いっ!
「塩の街」http://ddnavi.com/review/56601/

at 00:06, たくろう,

comments(5), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 00:06, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
回転4シースー胃之伍捨番, 2012/05/19 7:40 PM

中國さんまいど〜
一度は行ってみたいな『伝説のすた丼』
でも私は『すき家』ですら未体験。
密かなオススメ『宮本むなし』※ご飯、みそ汁おかわり自由(°□°;)

DEL, 2012/05/20 11:12 AM

フイタwww

バンガ胃之佰肆番, 2012/05/20 5:30 PM

ひょっとして上野界隈でしたか?w

成瀬葉, 2012/05/20 9:19 PM

文章で状況だけを面白おかしく想像すると「やらないか?」状況ですねw
ぴったり隣で、しかもサンドイッチてw

「塩の街」
卓郎さんがゾディアーツスイッチを押したのも「リュックを背負ってる様子が思い浮かんだから]とか、そういう事でしょうか?

たくろう, 2012/05/25 11:28 PM

【たくろう】

回転4シースー胃之伍捨番さん
『宮本むなし』が気になってソッコーググりましたw…ほほぅ良さげな定食屋さんですなぁ。しかし関東には無いみたいなので今後に期待しときます!

DELさん
同じく!ま、こちらは焼肉共々フイタ訳ですがw

バンガ胃之佰肆番さん
残念ながら…かと言って新宿二丁目界隈でもないですw!

成瀬葉さん
誰もが経験しているであろうリュックが肩に食い込む辛さが「あるある!」って共感を呼んだのに加え、文章の「装飾と簡潔」のバランス感覚がツボったからですかねラストワァーン!










trackback
url:http://nakakuni.jugem.jp/trackback/165