<< だから和菓子屋は(今日は特に)超頑張れ!! | main | クロスミラージュ(の色) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ハソター×はそたー

皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は

前回のヴログの続きを書こうとしている中國卓郎です。

そんな訳で、つづき・・・の前にまずは

『前回のあらすじ』
 


だがSEGA(さん)は許す!


はいっ

では引き続き『今回の本編』はっじまるよぉ〜!


あ、さて

居酒屋やラジオ内、時には旅先や会社や人様の自宅等々、日夜あらゆる時と場所にて共に狩猟に同行してくれる素晴らしき我が仲間達=狩り友。

その中でも今回は、役者兼ハンターな面々を皆様に紹介してみようと思う!

・・・イヤなんとなく思い立ったもんでw

ま、要するに独断と偏見に満ちた

【中國卓郎リポート】

みたいなノリのヤツです。んぢゃま武器別に参りますかね。
※あくまで中國の「この人、この武器よく使ってるなぁor似合うなぁ」って勝手な印象でゴザイマス


【片手剣】
安達mrさん
ハンナリとした物腰の柔らかさは出身地によるものだろうか?
罠を惜しまず積極的に駆使しパーティーに貢献する。
かと思えば「え?何故そこで?」と言った場面でありえない
倒れ方をしてオチも付けられる『持っている』人物である。

【双剣】
浅井hrmさん
強走薬と乱舞をこよなく愛する。実生活では酒と乱舞に
置き換えても可。
共にパーティーを組む者は誰もが彼女にモンスターの股下
を譲る。何故なら彼女こそがシュババババーンであり
今日も強走薬の調合に余念はない。

西垣snskさん
あらゆる武器を使いこなすが、一番思い入れのある得物は
どうやら双剣のようだ。知識、実力共に申し分ないが、反面
その生存率の低さも特筆に価するだろう。その鮮やかな
ハットトリックはまさに狩り場のファンタジスタ。


【大剣】
笹島khrさん
その生存率の高さ&回復笛の壊れなさに定評がある。
ここぞと言う場面でのシャウト「溜め斬りぢゃ〜い!」
はもはやベテランの域である(何がかは不明)
自由気ままでヤリタイ放題に見えて、実は回復笛や生命の
粉塵でのサポートにより、パーティー全体の生存率を上げる
職人気質な一面も持つ。


【太刀】
こやまkmkmさん
またの名をライトニング師匠
そのあまりに絶妙な閃光玉の使い方に敬意を表し勝手に
命名。あくまでワタシ一人が心の中で呼んでいるのみ。
自分がオチた時の悔しがり方はまるでサムライの様ですらある。

壱智村omさん
ディガに恐怖しティガを憎みそして彼女はティガを超えた。
穏やかな性格だが、極まれにモンスターに対し上から目線で
やんわりと威圧的な言葉を吐く
「もぉう!死にな・・・っさぃ!!」

坂田ykさん
スキル:自動マーキングをこよなく愛する道先案内人。
あまり表に出すことはないが、実は尻尾切断に並々ならぬ
情熱を隠し持つ。
サポートに秀でた印象があるが、同僚を絶妙なタイミングで
爆死させた事件は永遠に語り継がれて行くだろう。


【ガンランス】
岸尾dskさん
複数の武器を操るが「3rd」では大剣がメインらしい。
しかし彼が最も輝きを放つのは、ガンランスを担いだ時
であろう。竜撃砲を放つ瞬間、彼の瞳には少年の如き浪漫
が宿る。
また、安定した立ち回りが持ち味なのだが、時に切羽詰まる
と、どうも解読不可能な言語でシャウトする癖があるようだ。


【ハンマー】
大宮sbrさん
誰にも告げずに罠を仕掛け、誰にも見つからずに戦闘を
サボり採取に励むプロデューサー。
しかしハンマーとの出会いにより覚醒。前作「2G」では
対ミラルーツ戦でも迷う事なくハンマーを担いで参上し
「ハンマーは当てれば良い・・・ただそれだけだから楽なんだ」
との名言を放つ。
その後ルーツに立ち向かう背中は一際大きく見えたと語り
継がれている。


【笛】
川中子mshtさん
仲間に回復薬を使う隙を与えない笛の中の笛
解毒笛にて、仲間の毒すらも解除してくれる。
後方で演奏していたかと思えば、チャンス時には
最前線にてモンスターをド突き回す。その優雅にして
頼れる所作は、まさに狩り場のリベロと言えるだろう。

櫻井hrmさん
旋律を奏でし戦慄の笛使い。
炎属性モンスターとの対戦時には水属性防御upを
付与してくれる等、斜め上なフォローで周囲を翻弄。
「2G」でのミラルーツ戦では安全地帯で演奏を始め
仲間をふっ飛ばしまくり、あの笹島khrさんに
「お願いですから止めて下さいっ!」
と敬語にて懇願されると言う輝かしい過去を持つ。



・・・と、よく狩りに行く方々を「ファイブスター物語」単行本のキャラ表なノリで(自分なりの精一杯なっ!)紹介させて戴いた。

何故ワタクシがライトボウガンとランスを使い始めたかがお分かり戴けたのではないだろうか?

そう、周囲に使ってる人がいなかったから!

それにしても上記は多少誇張があるかもですが、それを差し引いても本当に個性的な面々です褒め言葉ですハイ!


大剣 444
ライトボウガン 277
ランス 100

at 02:19, たくろう, モンハン

comments(10), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 02:19, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
べったこ胃之60番, 2011/02/16 6:46 AM

ほ〜ほ〜

φ(・_・”)メモメモ

φ( ̄ー ̄ )メモメモ

"φ(・ェ・o)~メモメモ

((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

〆(.. )カリカリッ!!

ふ〜いい勉強になりましたww

はるるん命!!, 2011/02/16 10:59 AM

ウマッ!
これを読みながら狩(仮)を聴くと、また一段と楽しめますな!
ぜひ今度の配信では狩(仮)に出ていない岸尾さんやいちごふりかけさんでパーティーを組んでみてくだちいm(__)m

ブラッドニューデイス胃之49番, 2011/02/16 8:18 PM

あれ、スラッシュアックスが見えないな・・・。

まず無理でしょうが、STPのメンバーと狩りに行ってみたいですね。
夢の中でなら行ったことありますが。

クルポッポ, 2011/02/16 10:19 PM

関係ないですけど、ライトボーガンとランスという対極に位置する武器(動き的に)を使いこなしてる卓郎さんを少し尊敬します。
僕は動きの遅い武器は苦手なので(汗)

成瀬葉, 2011/02/17 1:17 AM

STPの公式ホームページに載せてほしいぐらい面白かったです。>ワ<
そしておま様のその言葉。
STPで聴きたいですね。っ´ω`)っ

名前なんて〜, 2011/02/17 1:27 AM

一人一人紹介を見て、狩り姿を想像できてとても面白かったですw
笹島さんがサポートに優秀というのは意外な一面でした。
ていうかガンナーいねぇ!w

bnr34z, 2011/02/17 10:10 PM

卓郎さん、ヨッシャコーイ!!

今度、狩(仮) をやるときには是非メンバー紹介の時に卓郎さんのナレーション付きでやってもらいですねw

バチェ, 2011/02/18 2:53 AM

次は終焉をどの武器でクリアしたのかのレポートをお願いします。

あと、櫻井さんだけプラスな情報が全くないのは、もしかして第三の目とかを持ってないと見えない文章で書かれているからですか?

まー, 2011/02/20 1:29 PM

川n…さん以外解った私はいいのにリスナー失格?いやむしろ合格?
坂田ykさんの尻尾への情熱にシンパシー覚えました?
(同じ太刀使いとして)


よく考えたら櫻井hrrnの笛使ってる放送、聴いたことないんですよね…(※聴いたのボウガンとガンランスだし)
聴きたいな…。


そんな私は今(更)ピースウォーカーに浮気してますw

たくろう, 2011/02/23 3:32 PM

【たくろう】

べったこ胃之60番さん
試験には出ませんが暗記推奨です!

はるるん命!!さん
ほんと是非一度、お呼びしたく思っております。って、なかなかスケジュール的に難しいですが、いつかなんとか!

ブラッドニューデイス胃之49番さん
スラッシュアックスはワタクシがいつか必ずマスター致しますとも!
STPとの狩りは・・・戦力になるよ〜なならないよ〜な中途半端な我々ですが、機会がありましたら是非w

クルポッポさん
お褒め戴き恐縮でっす!でもそんな大した事ぁないでございますよ。どんな武器でも使ってりゃ〜そのうち慣れますw

成瀬葉さん
個人的にはおまちゃんには「この俗物が〜っ!」と言いながらモンスターに斬りかかって欲しく思います。

名前なんて〜さん
かほるさんは、ああ見えて?結構な常識人なのですw
で、ワタクシの周囲では深刻なガンナー不足が目下継続中でゴザイマス。

bnr34zさん
時間等の都合でなかなか難しいのですが、ちょっと趣向をこらした狩(仮)やりたいです!打倒「ひと狩り行こうぜ」を合言葉にしつつw!

バチェさん
めめめ、滅相もゴザイマセン!他の誰よりも、櫻井さんへのコメントにこそ褒め言葉が多く含まれているかとw
と、「終焉」は大剣&ライトボウガンでクリアしたワタクシは思います。

まーさん
確かに狩(仮)はメイン武器以外でってパターンが割りと多いかも・・・と言われて気づきました。
これまた、実現・・・出来たらなぁと思っております。
で、アタシャ「PW」は未だに注意深く“様子見中“ですw










trackback
url:http://nakakuni.jugem.jp/trackback/85